室内介助犬とは

ご家庭で飼われている犬に対し、コンパニオンドッグやセラピー犬としての訓練を行います。寝たきりのお年寄りや障がいのある方の手助けをするために、飼主と共に訓練を受けていただきます。。
介助犬は体の不自由な方の手助けだけではなく、その世話をされているご家族の負担を減らすことが目的です。室内介助犬を、パートナーとして広めていただくことにご協力お願いします。

どんなことができるの?

室内介助犬は、ご家族のニーズに応じて、次のような介助動作を行えるように訓練します。

  • ◎物の拾い上げ及び運搬 ◎特定の物を手元に持ってくる
  • ◎ドアの開閉 ◎起立、体位変換時の介助
  • ◎歩行介助と姿勢支持 ◎緊急時の連絡手段確保

ただいま訓練中です
ベッキー

ベッキー

マックス

マックス

アリス

アリス

カンナ

カンナ

テツ

テツ

アビー

アビー

         

私たちは、お年寄り・障害者の方が一人でも多く介助犬のサポートを受けられ、

ご家族の負担を少しでも減らしていただくように、次のような活動に取り組んでいます。

介助犬を育てる

近畿介助犬訓練所には、8頭のラブラドール が居ます。

この犬たちが見本となり、飼主・飼い犬への訓練・指導を行っています。
警察犬チャンピオン や CDUに合格するなど、数々の受賞歴を持つ優秀な犬たちです。

介助犬の普及啓発事業

近畿介助犬訓練所は、地域に根ざした草の根からの介助犬の普及をめざして、イベントや講演会などに積極的に取り組んでいます。会場には介助犬を同伴して、デモンストレーションを行います。お気軽にご相談ください。


所有する資格など
・訓練士(ジャパンケネルクラブ公認)
・愛犬飼育管理士(ジャパンケネルクラブ公認)
・愛玩動物飼養管理士(日本愛玩動物協会公認)
・動物看護士(動物看護師統一認定機構公認)

介助犬の補助具の研究開発事業

介助犬指示システム

当訓練所では、ITを活用して、介助犬の補助具の研究開発活動も行っています。介助犬指示システムは、iPhoneやipadなどと接続したWiFiカメラにより、離れた場所から介助犬に指示を与えるためのシステムです。

寝たきりのお年寄りも、離れた場所からも介助犬に指示を与えることができます。(特許取得済み)

設立の趣旨:社会生活において不自由を抱いている障害者や高齢者のために、広く社会一般に対して介助犬の普及と理解の促進を図り、介助犬の訓練・育成・繁殖事業及び介助犬の補助具の研究開発を行い、障害者や高齢者の日常生活の補助に寄与することを目的とする。
特に寝たきりの高齢者に対する、家庭内での補助を第一に考え、介助犬の訓練・育成を行う。

種 別:奈良県知事認証団体
法人名:特定非営利活動法人 近畿介助犬訓練所
代表者:理事長 柳 本 忠 二
主たる事務所の所在地:〒630-0111 奈良市小倉町1000番
TEL:0743-84-0394 FAX:0743-84-0394

申請年月日:2009年06月05日 (奈良県)
認証年月日:2009年09月14日 (奈良県)
設立年月日:2009年10月01日 (奈良県)

(1) 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
特定非営利活動に係る事業:
1: 介助犬の訓練・育成・繁殖事業
2: 介助犬の普及啓発活動事業
3: 介助犬の補助具の研究開発事業

◎動物取扱業の登録

特定非営利活動法人 近畿介助犬訓練所
事業所在地 奈良市小倉町1000番
申請者 特定非営利活動法人 近畿介助犬訓練所
動物取扱業の種別及び登録番号
貸出し 第111010号
訓 練 第111011号
展 示 第111012号

登録年月費 平成24年3月28日
動物取扱責任者 山田紗栄